【Google Search Console】サイトのドメインを変更した場合にやること

2020 6/05
【Google Search Console】サイトのドメインを変更した場合にやること

サイトを引っ越したりしたときに、ドメインを変えた場合は既存 Google Analytics や Google Seach Console、Google Adsense などの設定を変更する必要があります。

設定を変更しないと、旧アドレスにひもづいたままになるので正確な情報が取得できなくなるので忘れずに行いましょう。

  • Google Analytics
  • Google Search Console
  • Google Adsense
クリックできる目次

Google Search のドメインを変更

サーチコンソール

すでに登録済みの Seach Console 管理画面に移動します。

あわせて読みたい
No Image
Google Search Console

左のメニューから 「設定」を開きましょう。

アドレス変更 があるのでこれをクリックします。

サイト追加

新しいサイトを選択 > プロパティを追加

プロパティ追加

5つの方法でドメインの所有権を確認できる

ドメインもしくはファイル

新しいドメインを設定するには、ドメインの所有権があなたにあるかどうか確認できる必要があります。

  1. ドメインのTXTレコードを追加
  2. FTPでファイルをアップロード
  3. HTMLにmetaタグを追加
  4. Google Analytics とひもづけ
  5. Google タグマネージャー とひもづけ

比較的やりやすいのは、①か②の方法です。

WordPressを使っている場合でFTPが使えるのであれば②の方法を使うとよいでしょう。

FTPでhtmlファイルをアップロードする方法

htmlファイル

まずは、必要なhtmlファイルをダウンロードします。中身はそのままでOKです。

FTPソフトを開いて、WordPressをインストールしたディレクトリを開きます。wp-contentやwp-admin があるところです。

ここに、ダウンロードした「googleXXXX.html」ファイルをアップロードしましょう。

htmlファイル

アップロード後、サーチコンソールの所有権確認画面で「確認」をクリックして、完了です。

ドメインのDNSレコードで確認する方法

少しこちらのほうが難しい設定方法です。

ドメインを管理しているサービスの管理画面を開きます。お名前.com、ムームードメインなどドメインを購入したサイトです。

ここでは、CloudFlareを使ってドメインのDNSレコードを追加します。

DNSレコード

コピーボタンをクリックして、「google-site-verification=XXXXX」という文字列をコピーします。

ここで、それぞれのドメインの管理ページを開きましょう。所有しているドメインのレコード追加画面までいきます。

CloudFlareの場合、ドメインを選択 > DNS > + Add record です。

一番左の Type は TXT を選択してください。

レコード追加

Name に 新しいドメイン名、Content にコピーしておいた文字列を貼り付けて、最後にSave ボタンを押します。

所有権確認

数分後にGoogle Search Consoleの確認画面を開いて、確認できたら完了です。

移動完了

301リダイレクトが必要な場合は、nginxの場合以下のように記述します。

xyxyxy.net から xxxxx.com に移転した場合です。

タグを挿入するときは、HTMLエスケープをする

SSH

server {
    listen 443 ssl http2;
    server_name xyxyxy.net;
    return 301 https://xxxxx.com$request_uri;
}
あわせて読みたい
【WordPress引越し】ブログのドメインを変更したい場合の方法
【WordPress引越し】ブログのドメインを変更したい場合の方法https://myblog.com から https://our-site.net に変更したいんだけどどうしたらいいんだろう?またイチからブログ作らないといけないの?ブログを運営していてドメイン...

ConoHa WING

おすすめの国内最速級レンタルサーバー

月760円〜

初めてでも安心。ブログ移転もしやすい「WordPressかんたん移行」

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。
圧倒的な使い心地を追求し、日々進化しています。

この記事を書いた人

サーバーの魅力に取りつかれ、誰にでも分かりやすいサーバー紹介サイトを目指して日夜勉強中。ブログを作りたい人を応援します。

クリックできる目次
閉じる