Google Search Console の登録と基本的な使い方

2020 6/05
Google Search Console の登録と基本的な使い方

Google Search Console は通称サチコとも呼ばれている インデックス管理ツールです。

Googleでの検索結果についてどのように表示されているのか、検索パフォーマンスを検証するのに利用されます。

クリックできる目次

Google Search Console に登録

まずは Google Seach Console にアクセス

トップページ

Google アカウントのログインが必要です。

DNS確認

自分のサイトか検証するための確認です。

  • ドメイン
  • URL プレフィックス

ドメインの場合

お名前.comやムームードメインなどドメインを管理しているサイトのコントロールパネルからDNSレコードの編集をします。

TYPE は 「TXT」

NAME は 「xxxxx.com」

Value に「表示されたコード」

この場合はCDNのCloudFlare でDNSレコードの追加をしてみました。

DNSレコード

サイトURLの場合

上記の方法がよくわからない場合は、FTPでコードを書いたファイルを置いておきます。

Google Seach Console で記事のインデックス化をリクエスト

新規ドメイン

サイトを追加したばかりだと何も表示されません。

インデックス化させたい記事のURLをコピーして一番上の検索欄にペーストします。

URLを登録

URLはすでに登録済みだと表示されますが、気にせずに「インデックス登録をリクエスト」をクリックしましょう。

クロールリクエスト

これでGoogle のクローラーが後ほど登録した記事にアクセスしてインデックス作業を行ってくれます。

インデックスリクエスト

ConoHa WING

おすすめの国内最速級レンタルサーバー

月760円〜

初めてでも安心。ブログ移転もしやすい「WordPressかんたん移行」

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。
圧倒的な使い心地を追求し、日々進化しています。

この記事を書いた人

サーバーの魅力に取りつかれ、誰にでも分かりやすいサーバー紹介サイトを目指して日夜勉強中。ブログを作りたい人を応援します。

クリックできる目次
閉じる