超高速WordPress環境 KUSANAGI がコマンドなしすぐ使える【ConoHa VPS】

2020 5/19
超高速WordPress環境 KUSANAGI がコマンドなしすぐ使える【ConoHa VPS】

ユーザーがあなたのブログにアクセスしたときの表示速度は非常に大事な要素です。

WordPressを利用している場合、画像がたくさんあるページがあったり、プラグインを多く設定しているとその分だけサイトの表示速度は落ちていきます。

画像を圧縮して軽量化したり、最適化されているテーマを利用することである程度までサイト表示を速くできるのですが限界があります。

kusanagiロゴ

KUSANAGIは仮想環境のCentOSというLinux上で動いているプログラムです。

KUSANAGIはWordPressのためにWebサーバーやPHPなどがチューニングされているので、レンタルサーバーでは不可能な高速なブログ表示が可能になるのです。

SAVAのアイコン画像SAVA

ConoHa VPSのKUSANAGI managerを使うとコマンド不要でKUSANAGIが使えるので便利だよ。簡単なので挑戦してみよう。

クリックできる目次

KUSANAGI を利用できるVPSサービス

KUSANAGI 自体は無料で使えますが、利用できるVPSは限られています。

  • ConoHa VPS
  • さくら VPS
  • Amazon Web Service
  • など

私のおすすめはConoHa VPSです。

  • 時間単位の課金で初期費用がない
  • かんたん設定でインストール時にコマンド不要

など他に比べて導入のハードルがかなり低い点です。初期費用もないので、1日しか使わなければ、24時間分の料金が請求されるだけなのでちょっと試してみようという場合でも始めやすいですね。

ConoHa VPSでKUSANAGIをインストールしよう

必要なものは クレジットカードです。

支払いはコンビニ払いにも対応しているので学生でも安心です。

こちらのページから700円分のクーポンをもらってConoHa VPSに登録しましょう。

700円クーポン配布中

KUSANAGIで 最高レベルの速さへ

登録後に、コントロールパネルより新規サーバーを追加します。

KUSANAGIインストール
リージョン東京
サービスVPS > 1GB以上
イメージタイプアプリケーション > KUSANAGI
root パスワード複雑な管理者パスワードを設定
ネームタグ任意
KUSANAGI


注意ポイント

一番安い512MBプランだと、上位プランにスケールアップできないので

テスト環境など特に理由がない場合はメモリ1GB 以上のプランを選択しましょう。

その他は必要に応じて設定します。

SSHを公開鍵認証にする場合は「SSH Key」を設定してください。あとで追加できるので飛ばしてもOKです。

そして、「追加」をクリックするとサーバーの構築が始まります。数分待ちましょう。

KUSANAGI かんたん設定

KUSANAGIやWordPressを初期設定するので、サーバーリストから先程構築したサーバーを選択します。

初期設定

KUSANAGI manager の確認画面が出るので、確認後閉じます。

確認画面

管理画面では、サーバーの情報や、再起動、停止、プランの変更などが行なえます

この時点では何も設定されていない状態なので自動でKUSANAGIの設定をするためにまずは、一番左のアイコンの KUSANAGI manager を開きます。

KUSANAGI manager

KUSANAGI managerを開くときに、ログインが必要です。

ユーザー名 「root」、パスワードは 自分で設定した rootパスワードを入力しましょう。

KUSANAGI manager ログイン

ドメインを登録してブログにアクセスできるようにする

KUSANAGI manager では複数のブログを管理することができます。

まずは、所有しているドメインのネームサーバーをConoHa に向けるか、DNS Aレコードを自分のIPアドレスへ設定します。

自分のサーバーのIPアドレスやConohaのDNSサーバー情報はネットワーク情報の一覧から確認できます。

DNS

ドメイン名と、適当なメールアドレスを入力します。

新規ドメイン

ドメイン ( xxx.com や xxx.net )などを持っていない場合でも数字のIPアドレスでのアクセスが可能です。あとでドメインを設定するのであれば、とりあえずドメイン名のところに「11.222.11.121」などの自分のサーバーのIPアドレスを入力しておきましょう。

ドメインをまだ持っていないなら

ドメインを入手するなら、私も利用しているお名前.comやムームードメインがおすすめです。

ドメインを追加したら、ドメイン名をクリック

追加したドメイン

SSL化、fcache、bcacheをONにして、サイトURLにアクセスすると、WordPressの設定ができます。ちなみにIPアドレスをドメインに設定した場合はSSL化はできません。

KUSANAGI詳細

サイト名やユーザーを入力します。あとは通常のWordPressの設定と同じです。

WordPress設定

WordPressの初期ページが表示されました。あとは、WordPressの管理画面からいろいろ設定していきましょう。おつかれさまでした。

おなじみの初期ページ

WordPress

KUSANAGI manager によってKUSANAGIの導入が非常にかんたんになりました。

すこしでもブログの表示速度を速くしたい場合にはおすすめです。

700円クーポン配布中

KUSANAGIで 最高レベルの速さへ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。
圧倒的な使い心地を追求し、日々進化しています。

この記事を書いた人

サーバーの魅力に取りつかれ、誰にでも分かりやすいサーバー紹介サイトを目指して日夜勉強中。ブログを作りたい人を応援します。

コメント

コメントする

クリックできる目次
閉じる